車のお得な売却先は? 私ならこうやって高く売る

■下取り以外の方法で車を売却する方法

下取り以外の方法で車を売りたいという場合、その売却先は通常次の二つになります。

①中古車買取専門店

②中古車販売店

このほかにもオークション代行やネットオークションなどの方法もありますが、一般の人には少しハードルが高かったり、リスクがあったりするのでここでは除外しましょう。

また、委託販売という方法もありますが、実態はオーナー側のリスクばかりが出てくるということのようです。

中古車の委託販売はリスクがいっぱい

■中古車買取専門店

ガリバー、アップル、ラビット、カーセブンなど全国チェーン店が有名ですが、全国各地にある中古車の買取を専門に行う業者。

中古車買取店専門店は1990年代から出てきた新しい業態だそうですが、バブル崩壊などで新車から中古車へ需要が移ったのが追い風となって市場全体が大きく拡大。 今では全国どこの地域でも中古車買取専門店の看板が目に付くようになりました。

買取専門店チェーンの成長により、中古車市場でのディーラーの地位は大きく低下したとのことで、ディーラー下取りでなく買取専門店で車を売る人が増えていることがわかります。

買い取った中古車を業者オークションで捌くことを基本にしていて、中古車流通の実際のの相場を基に下取りよりも良い条件で中古車を買い取ることができると言われています。

■中古車販売店

いわゆる中古車ディーラー。 業者オークションなどで中古車を仕入れて店頭販売を行う業者です。

中古車を持ち込めば、自社店頭販売の仕入れとして査定・買取を行う店が多いようです。

その店の売れ筋や顧客のオーダーにマッチした車だと好条件が期待できると言われています。

買取車をすぐ中古車オークションへ出品する中古車買い取り専門店に比べると、広い敷地に中古車を展示し在庫の負担が避けられないことがコスト面で不利となります。

■売り先の本命はやはり中古車買取専門店?

中古車買取専門店は、中古車オークションで売りさばくことを前提に中古車を買い取るいわば買取に特化した業者と言っていいでしょう。

ですから、中古車販売店などに比べて再販売のためのコストが合理化されており、同じ車でもより高額に買い取ることができる力があるということになります。

下取りが嫌なら、まずは全国チェーン大手をはじめとする中古車買取専門店に焦点を絞って、できるだけいい条件で売却する方法を考えたいですね。

※たとえ10万キロ超えの古い車や多走行車でも最初からあきらめてはいけません。→→古い車を高く売る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ