中古車オークション(業者オークション)とは

中古車買取専門店という新しいビジネスモデルが可能になったのは、大規模な中古車オークションが定着したからだと言われます。

ディーラーが下取り査定の基準にする機械的な算定による価格ではなく、中古車の需要の生の姿が反映される業者オークションによって実勢による適正価格が形成され、私たちは車売却で恩恵を受けることができるようになりました。

中古車の売却価格にこだわるのであれば、この中古車オークションの概要くらいは頭に入っていたほうが良いのかもしれませんね。

以前調べたことを整理してみましょう。

■プロが参加する業者オークション

いわゆる「中古車オークション」は素人さんが参加できない業者オークションです。

Yahoo!オークションなどといった個人で参加出来るオークションではなく、中古車業者やディーラーといった業者だけが参加できるオークションです。

オークション主催企業はいずれも社会的な信頼性の高い上場企業ばかり。

中古車オークションはプロ業者専用の流通市場であり、全国150か所を超えるオークション会場で毎週10万台をはるかに越える台数が取引されているそうです。

車の状態はもちろん、 細かいオプションの価値まで含めてプロの業者が数ヶ月の相場を参考に落札しますので、当然ながらその落札価格は業者間売買の「適正価格」となります。

落札する業者は、中古車販売店、ディーラーの中古車部門、輸出業者、オークション代行店などであり、落札された車はこれらの業者の店頭に並び販売されます。

落札金額が仕入れ価格となりますので、この金額にマージンを上乗せした価格が店頭販売価格になるというわけです。

今最も活躍している中古車オークション専業者の代表ともいえるのが、東証1部上場企業の「USS(ユーエスエス)」です。

メインの東京会場は、一回の開催で1万台を超える中古車が出品され6台ずつが同時に競りにかけられるという、日本一の中古車オークション会場です。

国内の中古車流通の約7割がたがオークションを経由しているといいますから、まさに中古車市場の相場は中古車オークションで形成されていることがわかりますね。

※オークションを利用するにしても予め一括査定などで相場を知っておいた方がいいかもしれませんね。⇒車査定 相場がわかる

■出品車両にはプロによる厳しい検査

中古車オークションへの出品車両は、オークションにかけられる前に1台1台「プロの検査員」により厳重なチェック項目により検査されるようです。

毎日出品車両の検査を専門に行うプロフェショナルな検査員の目は、ディーラーや買取業者の比ではないというのが業界筋の一般的評価のようです。

メーター改ざん、事故歴や修復歴はもちろんのこと、 小さなキズ、ヘコミ、 綺麗に塗装されて一見しただけではわからない修復まで、事細かにチェックし、出品票に記載します。

オークション会場の出品票というのは、中古車取引市場に存在する中で最も信頼性の高い中古車チェックデータだということになります。

中古車の業者オークションでは、このような厳格なチェックを元にプロによる競りが行われ、適正価格が形成されるのです。

-ここだけのお話-
愛車を売る時は下取りの相場と買取の相場の違いを知る必要があります。
高く売りたいなら手続きは増えますが下取りは避け車買取店にしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ