なぜ買取専門店は下取りより高く買い取れるのか

■中古車の取扱量や回転の速さがまるで違う

昔、車ディーラー勤務の知人から「うちでは車種にもよるが中古車相場よりも20~30万円ほど安く下取りしないと採算が合わない」という話を聞いたことがありました。

だいぶ前の話ですから、今ではマージンの幅がもっと大きくなっているかもしれません。

一方で、中古車買取専門店の場合、会社によって違いはあるのでしょうが「1台あたり5万円程度のマージンが採算の分かれ目」という話をネットで目にしたことがあります。

この二つの話を突き合わせるだけで、車買取専門店は同じ車を下取りよりも15万円以上は高く買い取るポテンシャルを持っていることになります。

下取りと車買取専門店ではなぜこのようなマージンの差が出てしまうのでしょうか。

車買取専門店は中古車オークションや輸出など買取った車を現金化するまでの流通経路が確立されているからということもあるようですが、一番の要因は中古車を取り扱う量が両者で全く違うからだといわれています。

新車の専門店と中古車の専門店では中古車の取り扱い数は勝負にならないというわけです。

買取専門店は取扱量が多いうえ回転が早くて在庫をほとんど持たないので、ディーラーより「薄利多売」が可能になります。

「薄利」が可能になるということは高額で買い取ることができると言うことです。

■販売ルートや地域展開がまるで違う

ディーラーは下取り車を自社店舗や系列の中古車店で販売しますが、大体はどこでも広い展示場に「在庫」がたくさん展示されています。

買取専門店にも中古車販売を行う業者もありますが、広い展示場はほぼ見たことがありません。

また車買取専門店、中でも全国チェーン大手には全国展開ができるという強みがあります。

例えば4WDは寒冷地で高く売れるなど地域の相場の違いを活用した販売展開ができます。

これも限られた地域での販売をメインとするディーラー側にはない強みになっているはずです。

・参考になるサイト⇒自動車を査定して高く売る

■買取専門店に査定を競わせよう

買取専門店といえども最初から下取りよりも15万円や20万円も高い価格を提示することは少ないでしょうが、少なくとも下取りよりはずっと高額な買取を行える力を持っているのは確かなようです。

この買取専門店を競わせて高額査定を引き出すのが中古車一括査定です。

一括査定に参加している買取専門店は提示する査定額がライバル店との競争になることは十分承知のうえで査定額を提示して来ます。

多くの同業者との競争を前提に買い取り額を提示するのですから、自宅でオークションをやっているような感じです。

買取専門店に大いに競争してもらい、できるだけ高額の買取額を引き出すのが車の一括査定の賢い使い方です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ