買取額の相場を簡単に知る方法はないのか

■相場がわからないと困ること

車の乗り替えで相場がわからないと車購入の資金計画がたてられないことになります。

ローンを組まなくても新らしい車が購入できるのか、ローンが必要としていくらで組めばいいのか、予定がたたないと困ってしまいますよね。

「最低限これぐらいでは売りたい」という目安があるだけでも計画的に車の購入を進めることができます。

そしてもっと困るのは、相場の情報が全くないとないと営業マンに言いくるめられて、おもいっきり安く買い叩かれる危険があるということです。

中古車買い取り専門店は中古車オークションの相場を背景にして買取査定を行いますが、そこは商売、オークション相場よりできるだけ安く買い取った方が会社の利益増につながります。

売り手の方に相場の知識が全くないと、買取相場より安い価格を提示されても反論の材料がありません。

相手は営業のプロですから、相場について何の情報もない素人が立ち向かっても相手にとっては赤子の手をひねるようなものかもしれません。

※車査定の相場を知るのにはこのサイトが参考になりますよ。⇒車査定と高額売却の秘訣

■相場を調べて売却価格の見当をつける

愛車を納得できる価格で売りたいと思っても、相場がわからないと買取額が高いのか安いのか見当がつかないということになります。

概算でいいから相場の検討を知りたいと思い色々調べたり試したりしましたが、何とか役に立ったのは次の三つの方法です。

①「goo買取」などの車査定サイトで概算額を調べる

ネットの車査定サイトの中には過去の買取事例データなどから概算の買取相場を知ることができるものがあります。

「goo買取」の場合は、車種、年式、グレード、車体の色、走行距離、事故歴などを入力すればネットだけで買取相場の概算を知ることができます。

入力が必要な個人情報も郵便番号とメールアドレスだけですので安心ですよ。

30万台分のデータから価格を算出すると謳っていますが、ネットだけで相場を知る方法としてはこれが一番精度が高いのではないかと思います。

②店頭販売価格から類推

かつてディーラーに勤める知人から「買取価格(下取り価格)に20~30万円のマージンを乗せて店頭価格にする」という話を聞いたことがあります。

これを目安に、中古車販売店などで年式、走行距離など同じ程度の展示車を見つけ、その価格から20~30万円を差し引いたのが買取相場なのではないかと類推していました。

大雑把な方法ですが、今では中古車販売店に行かなくてもネット検索で同じ年式、同程度の状態の中古車が見つかりますから、ある程度の見当はつけることができます。

同じ方法で何台かを類推して比べてみれば、「こんな感じか」というくらいの見当は付けられるはずです。

③一括査定の概算を利用する

車の一括査定サイトの中には、なんと入力してすぐに過去の買取事例の最高額を知ることができるものがあるんです。(かんたん車査定ガイド⇒http://a-satei.com/)

これがなかなか便利で、今はこのやり方で相場の見当をつけるようにしています。

精度もこの方法が一番ましなのかなというところです。

ただし、あくまでも最高額。

期待しすぎて後でがっかりすることにならないようご注意。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ